脚痩せと美脚作りに効果的なツボとマッサージの方法

 

脚やせのツボ

 

脚を美しく、細くしたい。。。

 

そう思ったら、一番最初に考えたいのが、むくみ対策ですね。

 

むくみは日本女性約8割の
下半身太りの原因となっている美脚の大敵。

 

それではむくみを解消するために効果的なツボの場所と
マッサージの方法について今回は見ていきましょう^^。

 

 

むくみは放っておくと脚をどんどん太くします

 

むくみとは、一言でいうと
体内の古くよどんだ水です。

 

そんな汚れた水が脚の中に長く滞ると
リンパや血液の廻りが悪化し、ますますよどんでいきます。

 

そしてもっと悪くなると、老廃物をどんどん溜め込んで
セルライトになってしまうのです。

 

体内の水の流れを整え、むくみを取る。

 

これが脚の健康のためには大切なんですね。

 

むくみには意外と慣れっこの女性も多いですが
毎日少しづつ脚のケアを行っていくと

 

むくみというものが、いかに

 

あなたの体を冷やし
足腰を疲れさせ
憂鬱な気分に落としているか

 

気がつけるようになります。

 

私自身、脚のお手入れをすることが
今では日々の楽しみとなり、もはや習慣になってしまったのですが

 

その理由は

 

むくみをとると
脚や全身が生き生きとしてくるのを感じるからです。


更に脚が美しくなれば
自分に自信が持てたり
大好きな人に喜んで貰えたり。。。

 

人生がより明るく、楽しくなっていきます。

 

あなたにも夢のような脚痩せ体験。。。
是非味わい尽くしてしてもらいたいです^^☆

 

むくみで一番弱っている「腎臓」をツボ刺激で癒す

 

それでは早速
脚の美しさに効くツボマッサージについてお伝えしますね。

 

今回意識していくのは「腎臓」系の次の3つのツボです。

◆湧泉(ゆうせん)

◆三交陰(さんこういん)

◆腎愈(じんゆ)

 

体にむくみが強く出ている人ほど腎臓を酷使していますので
気になる場合は、特に念入りにツボ押ししてあげてくださいね^^☆

 

脚やせに効果的なツボ1:湧泉(ゆうせん)

 

まずは湧泉

 

「押せば命の泉湧く」という言葉で有名なツボです。

 

健康長寿に関わるツボで様々な不調に効きますが
特にむくみにはオススメです。

 

場所は足の裏のアーチの上縁で、第二指の延長上にあります。
足指を足の裏側に曲げるとくぼみます。

 

押し方は、息を吐きながら、親指で円を描くように押します。

 

むくみが強いと、押し始めは少し痛いかもしれませんが
徐々に気持ち良くなりますので、心配しないで押してください^^。

 

 

脚やせに効果的なツボ2:三交陰(さんこういん)

 

つづいては三交陰


女性だったら

美容とアンチエイジングに効くので、手入れしておきたいツボです。

 

肝臓、脾臓、腎臓の経絡が交わるツボで
婦人科系に万能である上、冷えや血行不良も改善します。

 

場所は足の内側くるぶしに小指をそえて
手を4本並べた人差し指の横です。

 

足のすねの内側で、若干くぼんでいる箇所にあります。

 

押し方は、息を吐きながら両手の親指を添えて直角に押します。

 

 

脚やせに効果的なツボ3:腎愈(じんゆ)

 

そして腎愈ですね。

 

むくみを取るほか、代謝を高め、脂肪スッキリ効果があるので
「痩せる」ツボとしても知られています。

 

場所は背中のベルトをするライン。
背骨から、左右外側に指二本分です。

 

押し方は左右両手の親指をツボに当てて円を描きながら吐く息で
じわじわと押します。

 

 

 

腎臓経絡の流れが整ってくると、むくみが徐々に改善されていく上

 

肌には潤いが、瞳には輝きが、そして
メンタル面でも優しさや慈悲の心が満ちてきますよ^^。

 

どうぞお試しくださいね。

 

 

コメントを残す




CAPTCHA