水太りの脚痩せに効果的な食事とお茶で、むくみもセルライトも解消!

水太りの脚やせに効く食事とお茶

脚やせに効果的な食事法についてお伝えする
今回は第2回目です^^。

前回は脚やせを目指す全タイプの方におススメの
食べ物と飲み物について書いてみました。

足痩せに食事制限は不要!水太り・筋肉太り・脂肪太りに効く食の裏ワザ

それに対して、今回は特に水太りタイプさんに
食べて欲しいもの、飲んで欲しいものを
ピックアップしていきたいと思います^^。

 

日本は湿気の多い土地ということもあり
むくみの症状を抱えている女性が約8割とも言われているんです。

 

私も脚痩せに成功する前はむくみに悩まされていた一人で
深刻な冷えと生理不順を抱えていましたね(´・ω・`)

 

水太りが解消すると脚の美しさのみならず、体調改善にも役立ちますので
良かったら参考にしてください^^。

 

食事でむくみとセルライトを撃退して、脚からどんどん軽くなりましょう。

 

水太りさんタイプの脚の特徴と対策

 

水太りで脚が太くなっている方の問題は

血流とリンパの流れが悪いことにあります。

それでカラダが冷えて、腎臓や婦人科系が弱っているんです。

 

参考までに水太りさんタイプの特徴をチェックしてみると

 

 冷えやすい

 生理不順だったり、婦人科系が弱い

 トイレにあまり行かないし、汗もかかない

 塩辛いもの、味付けの濃いものが好き

 体重の増減が激しい

 

以上のような感じです。

 

東洋医学で水毒といわれるこの状態を放置しておくと
健康を害しかねないので、出来れば早い段階で
解消してあげた方が良いです。

それでは水太りさんの脚痩せに向いた食材を
チェックしていきましょう。

 

水太りの脚痩せにおススメの食材1:生姜


水太りに悩んでいる方にまず必要なのは
、温める食材です。

 

熱が奪われてしまうと、ますます毒出し能力が落ちてしまうので
まずはカラダを温める食べ物を摂ることに意識を向けてください。

食材の代表と言えば根菜類ですが
中でもおススメは生姜です。

生姜はカラダを温めるだけでなく、漢方薬の約7割に配合されるほど
水の流れ、気の流れ、血の流れに良いとされているんですよ^^。
カラダだけでなくて、ココロが冷え切った時にも効くので
良かったらお試しください。

 

水太りの脚痩せにおススメの食材2:わかめ


それから水太りの解消に良いのが、カリウムを多く含む食材です。


カリウムは野菜や果物、豆類などにも豊富ですが
特に良いのが海藻類のわかめ

わかめは髪を美しくすることでも有名ですね^^。
腎機能を高めて髪の健やかな生成を促すからでしょう。

海藻類はどれもカリウム豊富ですので、良かったら積極的に食べてください^^。

水太りの脚痩せにおススメの食材3:腎臓をいたわるカフェインフリーのお茶


そして、水太りタイプの方にとても大事になるのが水分の摂り方です。
コーヒー、緑茶、紅茶、ソフトドリンク。。。
こういった白砂糖、カフェイン、テインが含まれる飲み物は控えてください。


それで、お白湯、もしくは腎臓をいたわる
カフェインフリーのお茶を
飲むと、とっても良いですよ。

とりわけ脚をマッサージする前後に飲むことがおススメで
お白湯は腎臓のデトックス、お茶は腎臓の滋養強壮として機能します。

 

私は腎臓を元気にしてむくみをためないように
シンシアガーデンの【五行茶】の中の一つ【水sui】を摂っています。

五行茶


【五行茶】は中医学の考えに則って内臓をいたわり

美と健康を促進するノンカフェインのハーブティーで
全部で5種類あります。

それぞれが、内臓からカラダを元気に美しくするブレンドで

 肺をケアして美肌を磨く【金kon】

 肝臓をケアして女性ホルモンを整える【木moku】

など。。。


「内側からキレイになって、真の健康美を手に入れる。」
それが【五行茶】のコンセプトになっています^^。

 

【水sui】は腎臓をいたわって
むくみ、美髪、美肌、エイジングケアを促すブレンドで

若返り効果のルイボスティーや
泌尿器系に良いスギなど

東洋と西洋のオーガニックハーブを取り合わせた味も美味しいです。

一時期、人気が出すぎて生産が追い付かず
販売停止になってしまったこともあるんですよ(;´∀`)

 

今は特別に5パック買うと10%の割引になる
キャンペーンも行われているのでお得に買えますね^^。

公式サイトへのご案内をしておきますので
良かったらご覧下さい^^。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます^^。
あなたがますます健康に、美しく、幸せになりますように☆

 

ダイエットやバストアップのことでお悩みのことはありませんか?
どんな些細なことでも大丈夫ですので、いつでもまりあに聞いてくださいね^^。
メールはこちらからどうぞ^^☆

↓↓↓

まりあへメール

コメントを残す




CAPTCHA