内腿を引き締めて、女子力アップ!程よい隙間を作る下半身ダイエット

内腿を引き締めるダイエット

美しいボディを作る上で、真っ先にお手入れしたいのが下半身です。

 

とりわけ 適度な筋肉で引き締まり、程よい隙間がある内腿
女性らしさをグッと引き立てますね^^。

 

お肉がつきすぎてもダメですが 逆に細すぎたり、肌がたるんでいても台無しなので
内腿はボディメイクの難しいパーツです。

 

その代りキレイに出来ると、思わずみとれしまう程の
美脚になりますので、今回はじっくり見ていきます^^。

 

 

 

内腿を知らないうちに衰えさせる、こんな習慣はNGです

 

まずは簡単に出来る内腿磨きとして
生活習慣の見直しから始めましょう^^。

 

それは、とってもシンプルな方法で
脚を気がついたらいつも閉じる☆
というものです。

 

座っていると、無意識のうちに膝が離れてしまう。。。とか
脚の指をチェックしたら、小指の外側が潰れている。。。と言う場合

 

内腿がゆるんでぷよぷよになっているサインだと捉えてください。

 

ペンギンさんのイメージって言えば分かるでしょうか?

 

身体を支える軸が左右外側に2本あって
脚の外側の筋肉ばかりが使われることで
内腿に筋肉がつきにくく、脂肪がつきやすい状態です。

 

それを身体の中心に1本軸を通して
脚の内側を頻繁に使うようにしてください。

 

そうすることで内腿に筋肉がつきやすくなり、脂肪が燃焼されるので
美しい脚に変わっていくはずですよ^^。

 

内腿が美しくなると、セクシーさも女子力も上がる?

 

そして、内腿ダイエットには脚を美しく魅せるばかりでなくて
【女子力も高める】メリットが期待できます。

 

理由は
東洋医学的に見ると、
内腿には婦人科系を元気にするツボが集中しているからです☆

 

つまり、内腿に若々しさがみなぎる女性は
婦人科系にも同じく女性らしいエネルギーがたっぷり
チャージされているってことなんですよ。

 

電車やカフェで、座っている内腿がキュッと引き締まった女性は
すごく色っぽく見えますものね^^。

 

実際そういう女性は、内面も非常にゴージャスな訳です。

 

因みにヨガでも婦人科系を活性化して
女性性を高めるエクササイズがいくつかありますが

 

中でも有名なモノとして、別名東洋のビーナスと呼ばれる
「蝶のポーズ」は、まさに内腿をストレッチすることで
女性ホルモンバランスを整える効果を狙っています^^。

 

*お写真は海外のヨガ雑誌よりお借りしています。
内腿を引き締める

ですから
内腿から美ボディを磨くことは
女性としてのエネルギーも高める美習慣となるのです^^。

 

特に
生理不順がなかなか治らなくて
腿やヒップが外側に張り出し
内腿が引き締まらない。。。
場合。

 

 

そういう時ほど脚の内側を積極的に使うことで
婦人科系を健康にしてあげられますよ。

 

試しにカラダの中心に一本軸を感じて
膝をつけた状態で5分座って
みましょう。

 

1週間くらいこのエクササイズを続けていると
子宮がポカポカとしてくるのが感じられます。

 

良かったら行ってみてくださいね^^。

 

内腿の「内転筋」は骨盤ダイエットの要でもあります♪

 

そして内腿ダイエットは
骨盤ダイエットのファーストステップ
でもあります。

 

と言うのは、内腿の筋肉「内転筋」
脚を内側に閉じることで、骨盤が外開きになって
下半身にお肉がつきやすくなるのを防いでくれているからです。

 

そうして骨盤周りをコンパクトにまとめることで
脚の歪みを防ぎ、O脚やX脚にならないようにしているんですね。

 

ですから、もし下半身ダイエットで何をやっても細くならない時は
内腿に脂肪がついてたるんでいないかチェックしてください。

 

単純に膝を開かない努力をしているだけでも、骨盤が締まり始め
レッグラインが美しくなってきますよ^^。

 

そして、更にハイレベルの美脚やくびれを作りたい方は
【天使の美脚塾】でまりあと一緒に徹底的に内腿磨きをしましょうね^^。

自分史上最高レベルのボディが作れると評判です♪

 

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます^^。
あなたがますます健康に、美しく、幸せになりますように☆

ダイエットやバストアップのことでお悩みのことはありませんか?
どんな些細なことでも大丈夫ですので、いつでもまりあに聞いてくださいね^^。

メールはこちらからどうぞ^^☆ ↓↓↓

まりあへメール

コメントを残す




CAPTCHA