体重を減らす増やすのダイエットでは、理想的な女性美は手に入らない

 

いつもありがとうございます、まりあです^^☆

 

私がボディメイクのサポートをしていて
まず購入者さんへ最初にお伝えするのは

 

女性らしいボディを作るのに
「体重」は気にしないで☆
ということです。

 

 

体重に囚われるダイエットのデメリット

 

まりあは普段、体重を測りません。

というのは
家に、体重計がないからです。

 

実家に戻った時に
たまに体脂肪率をチェックしたりはしますが
それ以外の目的で
体重を測ることはありません。

 

何故私がこれほどまで体重に無頓着なのかと言うと

 

体重と女性らしいボディには
大した関連性がないからですね。

 

体重そのものの増減と美しさは無関係

 

体重には増えたら困る
老廃物や余分な贅肉の重さも確かに含まれます。

しかしながら

 姿勢を美しく支える

 肌に潤いを与える水分

 ボディにメリハリをつける筋肉

 女性らしさをサポートする適度な脂肪

といった美しくなるために不可欠な重さも含まれていることを
忘れてはいけません。

特に骨や筋肉は重量がかさみますし
バストやヒップにハリが出てくると、その分の重みが増します。

 

だから体重が増えて魅力が増す
場合も多々ありますね^^。

 

有名な話では
モデルのヨンアさんは8キロ体重を増やして
今のボディを作り上げたそうです。

yonasan

 

。。。かといって
体重は増やせば増やすほど女性らしくなれる。。。というのでも当然なくて

 

筋肉が増えて骨太になり過ぎたら、がっちりマッチョになりますし、
水分が増え過ぎてもポニョポニョした印象になります。

 

理想の体組織構成はこんな風になりますが。。。

①骨密度がギュっと詰まって高い、でもしなやか。
②70%前後の水分量で肌がうるおっている。
③適度な筋肉量で女性らしいカーヴィーボディ。
④体脂肪率は、女性ホルモンが最も活性化する20%前半。

 

これを体重の増減だけを見ながら判断するのは
不可能ですよね(´・ω・`)

 

だから、体重に縛られることって
本当にナンセンスだと私は思うんです。

 

 

気にして欲しいのは体重ではなくて、鏡や写真の中の自分

 
だからこそ私が常に意識して来たのは見た目です。

 
そもそも体重などの数値を目標にすると
明確なボディイメージがつかめないので
理想の体型にはなかなか近付けないんですよね。

 
「どうしたら女性らしさをボディで表現できるのか?
ここを徹底的にビジュアル化するためにも、見た目にフォーカスするのは大事で

 

鏡や写真の中の自分を余計な感情を挟まずに眺めて
どこをどのように引き出せば、より理想に近付けるか
イメージしていきます。

 

そしてビフォーアフターで変化を実感しつつ
ボディは粘土細工のようにいくらでも自分の好きに変えられることを
脳の深いところまで落とし込んでいきましょう^^。

 

そうしてどんどん自分の魅力を高めていくと
キレイが止まらなくなります。

 

ですので、とにかく
体重のアップダウンに一喜一憂しても意味がない☆
そのことを頭に入れておくと良いです。

 

また、ボディメイクは
土台の脚から作り上げていくと全身が美しくなるので
脚痩せ、美脚のお手入れがとってもおススメです。

 

まりあは
骨格の歪みには【天使の美脚塾】
むくみ、冷え、セルライトには【スリムレッグラボ】
主に活用して女性らしさをキープしています。

 

まりあブログ経由で購入してくださると
個別のメールサポートと、VIP限定裏コンテンツパスワードなど
特典を差し上げていますので

 
興味のあるあなたは
メールで購入日と注文IDを教えてくださいね^^。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます^^。
あなたがますます健康に、美しく、幸せになりますように☆

 

ダイエットやバストアップのことでお悩みのことはありませんか?
どんな些細なことでも大丈夫ですので、いつでもまりあに聞いてくださいね^^。
メールはこちらからどうぞ^^☆

↓↓↓

まりあへメール

コメントを残す




CAPTCHA